2017年秋ドラマ

役所広司主演ドラマ『陸王』TBS日曜劇場で2017年10月スタート

投稿日:

役所広司さん主演ドラマ『陸王』が2017年10月よりTBSで放送スタートします。
原作は「半沢直樹」「下町ロケット」の池井戸潤さんの同名小説で、企業の生き残りをかけるアツいドラマに2017年ヒット作になること間違いなし!
そんな役所広司さん主演ドラマ『陸王』についてまとめました。



スポンサーリンク



役所広司主演ドラマ『陸王』のあらすじ


埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、創業から100年以上続く老舗足袋業者。

足袋の需要は年々減少し、四代目社長の宮沢紘一は、資金繰りに悩む月日を過ごしていました。

このままでは、会社の存続自体が危ぶまれるという危機感をもつ紘一は、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を真剣に考え始めます。

そこで紘一が考えついたのが、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる人間本来の着地に近いと言われる足袋の特性を生かした「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発でした。

しかし、企画は考えたものの、従業員20名あまりの零細企業で障壁となるのが資金、人材、開発力の問題。

更には知名度がないことによる世界的に有名なスポーツブランドとの競争が待ち構えています。

ピンチの度に何度も挫けそうになる紘一でしたが、彼には人を惹きつける不思議な魅力があり、その度に家族や、従業員、取引先、銀行の担当者、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼の窮地を救ってくれます。

創業100年の暖簾を守るため、従業員や家族の生活を守るため…

たった一つの商品を愚直につくり続けてきた足袋の製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに、「陸王」というシューズに夢とプライドをかけた戦いが描かれています。

役所広司主演ドラマ『陸王』の登場人物&キャスト

ドラマ『陸王』の主な登場人物&キャストは、舞台となる老舗会社「こはぜ屋」の経営再建にかける社長をはじめとした従業員、その関係者となります。

主役の「こはぜ屋」四代目社長の宮沢紘一役を演じるのは、役所広司さん。

陸王:主演役所広司

出典:陸王公式サイト
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/


年々先細る足袋の需要から新規事業への参入を考え、足袋を作る技術をもとにランニングシューズ『陸王』の開発に乗り出します。

宮沢社長には経営者として特別な才能ある訳ではないのですが、人を惹きつける不思議な魅力がある人物。
役所広司さんは、そんな宮沢社長の「魅力を試行錯誤しながら、見つけていこうと思います。」
とドラマの意気込みを語られています。

そんな宮沢社長の長男・宮沢大地を演じるのは、若手俳優として人気急上昇中の山﨑賢人さん。

陸王ドラマ山﨑賢人

引用:https://twitter.com/rikuou_tbs/


大地は、就職活動をするものの失敗し、大学卒業後に就職活動の傍ら「こはぜ屋」の手伝いをします。
自分が本当にやりたいことも分からず悶々としている中、仕事にプライドをもって取り組む父や従業員の姿を目の当たりにして、自らも成長していきます。

山﨑賢人さんは、演じる大地と同じく23歳で、人気面だけでなく年齢的にも適役ですね。
山﨑賢人さん自身も、
「この役に巡り会えてとてもうれしいです。」
と大地役を演じることを素直に喜ばれています。

普通のどこにでもいるよな社会人になりたての男性が次第に成長していく姿を、山﨑賢人さんがどのように演じるか注目です。


スポンサーリンク



役所広司主演ドラマ『陸王』の原作

ドラマ『陸王』の原作は、直木賞作家池井戸潤さんの同名小説『陸王』です。

陸王 [ 池井戸潤 ]
池井戸潤さんといえば、TBSで過去にドラマ化された「半沢直樹」「下町ロケット」の原作者。

「半沢直樹」は平均視聴率 28.7%、「下町ロケット」は平均視聴率18.5%といずれも連続ドラマとしては大ヒット作となっています。

そんな池井戸潤さん原作のドラマですので、期待値はかなり高くなっています。

2017年秋ドラマの目玉となることは間違いないでしょう。

『陸王』のモデル企業は「きねや足袋」?

『陸王』の舞台となる「こはぜ屋」のモデル企業と考えられているのが、埼玉県行田市佐間にある”きねや足袋株式会社”です。
所在地がドラマの舞台となってる行田市にあり、また、きねや足袋株式会社のホームページにも2012年11月に「池井戸潤さんが弊社を取材されました」と記述されています。

そして、マラソン足袋『陸王』のモデルは、きねや足袋さんの商品である「ランニング足袋KINEYA MUTEKI(きねや無敵)」ということになります。

”ランニング足袋KINEYA MUTEKI(きねや無敵)”は、限りなく素足感覚に近づけ、自分自身の足を鍛え直し、歩行フォーム・走行フォームを人間本来の形に戻す為のツールとして紹介されています。

ドラマ『陸王』が放送スタートすれば、”ランニング足袋KINEYA MUTEKI(きねや無敵)”も人気が出そうですね!

『陸王』が行田市の田んぼアートに!

ドラマ『陸王』は埼玉県の行田市が舞台となるということもあり、行田市のイベントである”田んぼアート”に主演の役所広司の似顔絵を描いた『陸王』のアートが描かれました。

陸王田んぼアート

出典:陸王公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

行田市の田んぼアートは、2008年から始められた色彩の異なる複数の稲を植え付け、文字や図柄等を表現するイベントで、2015年には「世界最大の田んぼアート」としてギネス世界記録にも認定されています。

今年で田んぼアート10周年を迎え、例年実施している東会場に加え、新たに南会場に、行田市を舞台にした池井戸潤の小説「陸王」のドラマ化を記念して描かれています。

かなり完成度の高い田んぼアートで行田市の力の入れようが伺えます。

ちなみに、上記画像の山崎賢人さんがいる場所は、高さ50メートルから見下ろせる”古代蓮の里の展望台”です。

山崎賢人さんが訪れた場所ということで、同じ場所で写真を撮ろうとするファンで訪問者も増えそうですね!

役所広司主演ドラマ『陸王』の見どころ

小さな企業が逆境から這い上がっていく姿が描かれたドラマ『陸王』は、きっと視聴者のハートを掴むことでしょう。
実話をもとに作られたストーリーですので、受け入れやすいですし、同じような境遇に立っている零細企業の方々にも、『陸王』を見ることで自分たちの頑張ればなんとかなるかも?と勇気をもらえるはずです。
企業再生に向けて、一つの目標に向かってみんなが一致団結していくストーリーは、希薄になりつつある人とのつながり、仲間との強い結びつきの必要性を思い出させてくれることでしょう。

また、息子の大地役に人気絶頂中の山崎賢人さんを起用できたことは大きいですね。
山崎賢人さんのおかげで視聴者層の幅もグッと広がるのではないでしょうか。
大学を卒業して社会に出たばかりの若者目線でも楽しめるドラマになっていることしょう。

役所広司主演ドラマ『陸王』の基本情報

【放送日】2017年10月日曜日21時~放送スタート

【放送局】TBS

【原作】池井戸潤「陸王」(集英社 刊)

【脚本】八津弘幸

【プロデューサー】伊與田英徳、飯田和孝

【演出】福澤克雄

【製作著作】TBS

-2017年秋ドラマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井上真央

井上真央復帰ドラマ2017年10月スタート『明日の約束』

井上真央さんが2017年10月フジテレビで放送スタートドラマ『明日の約束』で1年9ヶ月ぶりにドラマ復帰します。 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で主演して以来休業状態が続いていた井上真央さんが主演のドラマ『 …

コウノドリ

綾野剛主演ドラマ2017年10月スタート『コウノドリ』(TBS)

綾野剛さんが主演するドラマ『コウノドリ2』が2017年10月スタートすることが決定しました。 『コウノドリ2』は、2015年10月放送された人気ドラマ『コウノドリ』の続編となる新シリーズ。 産婦人科医 …

コウノドリ星野源

星野源ドラマ2017年出演予定は『コウノドリ』

星野源さんが2017年に出演する予定のドラマは、2017年10月スタートの『コウノドリ』です。 2015年に放送されたTBSドラマ『コウノドリ』の続編ドラマで、前作にも星野源さんが出演されていました。 …

民主の敵

篠原涼子主演ドラマ2017年10月スタート『民衆の敵』

篠原涼子さん主演ドラマ『民衆の敵』が2017年10月よりフジテレビ月9ドラマで放送スタート! 女性の憧れの存在である篠原涼子さんが、ママさん議員を目指して市議会選挙に立候補する政治をテーマとしたドラマ …

先に生まれただけの僕

櫻井翔主演ドラマ2017年10月『先に生まれただけの僕(さきぼく)』

嵐の櫻井翔さんが2017年10月スタートする日テレドラマ『先に生まれただけの僕』で校長役で主演されます。 35歳という若さで校長役を務める櫻井翔さん主演ドラマは、どんな内容なのでしょうか? 2017年 …