未分類

永野芽郁:朝ドラヒロインの魅力徹底解析

投稿日:2017年6月21日 更新日:

NHK朝ドラヒロインに永野芽郁さんに決定!
2018年度前期NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に永野芽郁さんが抜擢され話題となっています。
そんな朝ドラヒロインに永野芽郁さんがどんな人物なのか?その魅力をまとめてみました。



スポンサーリンク



永野芽郁(ながの めい)さんはこんな女優さん

生年月日:1999年9月24日

出身地:東京都出身

身長:163cm

血液型:AB型

活動期間:2009年 ~
蒼川蓮子 役(ヒロイン
事務所:スターダストプロモーション

永野芽郁は、小学校3年の時にスカウトされて芸能界入し、2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビューされます。

その後、ファッション誌『ニコ☆プチ』『nicola』でモデルとして活躍。

テレビドラマでは、2010年に『ハガネの女』 第6話(テレビ朝日)で、吉瀬美智子さん演じる主人公・芳賀稲子の小学生時代の役で出演されます。

2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』では山川常盤(佐藤みゆき)の少女期を演じ、その後もドラマや映画で女優としての経験を積まれます。

2015年には、鈴木亮平さん主演映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜き、ヒロイン役を射止めると、テレビドラマでは、2016年に『「こえ恋』(テレビ東京)で初主演。

2017年7月スタートドラマ『僕たちがやりました』(関西テレビ・フジテレビ系)にもヒロイン蒼川蓮子役で出演されています。

2017年には、映画初主演作『ひるなかの流星』を始め、『帝一の國』『ピーチガール』『PARKS パークス』『ミックス。』など出演映画が続々公開されるまさにブレイク寸前の永野芽郁です。

永野芽郁さん『UQ mobile』CM三女役で注目度急上昇

ピンク・レディーの「UFO」の曲が流れてくることで皆さんお馴染みの『UQ mobile』CM。
三姉妹が「UQ!」と歌って踊り出すインパクトの強いCMです。

その三女役として永野芽郁さんが出演し、注目を浴びています。
長女は深田恭子さん、次女は多部未華子さんと知名度抜群の2人との出演で、永野芽郁さんの知名度が一気に上がりました。

永野芽郁さんの魅力

永野芽郁さんの魅力は、正統派美少女のルックスだけでなく、気の良い愛されキャラであることです。

普段から物怖じしない言動と天然っぷりで周囲を和ませている茶目っ気たっぷりなところが永野芽郁さんの魅力。

気の良さと前向きな姿勢は、仕事を共にするスタッフ受けも良く、誰からも愛されるであろう愛嬌のよさは誰にでも真似のできるものではない最大の魅力が永野芽郁さんの最大の魅力でしょう。

永野芽郁さんの存在感は、今後ブレイクしていくことは間違いなく、もうすでに無視できないレベルに達していますね!


スポンサーリンク



永野芽郁さん演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・ すずめ)の人物像

半分、青いヒロイン永野芽郁

引用:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=10653

永野芽郁さんがなぜNHK朝ドラヒロインに抜擢されたのかは、演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・ すずめ)の人物像にあります。

永野芽郁さん演じるヒロイン・楡野鈴愛の人物像は、バイタリティー溢れる自由奔放な女の子。
大胆なひらめきで、思いついたら即実行。おっちょこちょいで失敗だらけの人生ですが、失敗しても「やってまった」(=「やってしまった」)と明るくやり過ごす性格です。

規格外で普通の女の子にはないちょっとおかしな感性をもっているのがヒロイン・スズメです。

ヒロイン・スズメ役に永野芽郁さんを抜擢した理由について、『半分、青い』の脚本を担当する北川悦吏子さんは、
「スズメという名前をつけた以上、遠くまで飛ぶ人が、いいと思いました。永野さんだと思いました。」
とコメントされています。

永野芽郁さんのみずみずしい大らかさや、えも言われぬ愛きょうと胆力、そして北川脚本にマッチした自由な演技テンポがどれもスズメにぴったりだったそうです。

「半分、青い。」では、スズメの数十年を演じることとなりますので、永野芽郁さんが時折見せる大人びた顔に、底知れない可能性を感じてたことも決め手だったようです。

ここでもやはり、永野芽郁さんの愛嬌のいい愛されキャラが評価されているようですね!

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のあらすじ

『半分、青い。』は、1970年代からバブル崩壊後の低成長時代までが舞台。
岐阜県のとある小さな食堂に生まれた鈴愛は、毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のときに病気で片耳を失聴してしまう。
高校卒業後、少女漫画家になるという夢を抱いて、バブル真っただ中の東京に出て修行をするがやがて挫折。

結婚して一人娘を授かるものの、家計は火の車で、ついには夢追い人の夫から離婚されてしまう。
バブルはいつの間にか終わり、世は低成長時代に突入し、度重なる失敗の末、シングルマザーとなって故郷に戻ったスズメは、そこで思わぬ転機を迎えることになる。

同じ日に生まれた幼なじみの男性は、理論派の技術者。
やがて病身の母のために考案したそよ風のような扇風機作りをきっかけに「ふたりメーカー」となり、全くの素人でありながら、家電業界に「新風」を巻き起こしていきます。


スポンサーリンク



-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グーチョキパーティー:ももクロ出演!Huluで独占配信スタート

ももクロが出演する子供向け知育番組「グーチョキパーティー」が2017年2月24日(金曜日)にhuluにて独占配信がスタートしました。 人気グループももクロと一緒にノリノリの曲やダンスを踊れて子供達は大 …