2017年春ドラマ 母になる

母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第2話

投稿日:2017年4月19日 更新日:

沢尻エリカさん主演『母になる』(日テレ)ドラマ第2話のあらすじとみた感想をお伝えします。
2017年4月19日放送『母になる』ドラマ第2話で、息子が生きていたことを知った結衣たちはどうなった?
それではドラマ『母になる』第2話のあらすじと感想をどうぞ!



スポンサーリンク



『母になる』ドラマ第2話のあらすじ

母になるドラマ第2話

出典:母になる公式サイト
http://www.ntv.co.jp/haha/

幼稚園のときに誘拐されて行方不明だった息子が生きていることが判明。
児童施設で9年ぶりに再会をはたした結衣(沢尻エリカさん)と広(道枝駿佑くん)。

陽一(藤木直人さん)と離婚し、一人さびしく暮らしていた結衣(沢尻エリカさん)は、希望の光が差し込みます。

広から「お母さん」と呼ばれて目頭が熱くなる結衣でした。

そんな折、広の過去について調査している児童相談所の児童福祉司である木野(中島裕翔さん)は、父親の陽一(藤木直人さん)の元を訪れます。

陽一に広が生きていて養護施設にいることを知らせると共に、広が持っていた手紙の存在を知らせます。

広が施設に預けられたのは2年前。
その手紙には、広が誘拐されてから施設に預けられるまでの7年間の事実が隠されていたのでした。

なんと、広が誘拐された3歳から施設に来る前の7年近く門倉麻子(小池栄子さん)が広を親子として育てていたのです。

その手紙は、麻子が広に対して”母親”として書かいた文章でした。
広を施設に預けて去っていかなければならないことへの謝罪、そして新しいお母さんが現れた時の対応が事細かく書かれています。

広が結衣に再開してから結衣に対してとってきた行動は、この手紙に書かれている通りだったのです。
「お母さん」と何度も呼ぶことも…
「ご飯がおいしいということも…

すべて育ての親である麻子が手紙に書いた指示通りに広が行動していたのでした。

広のことを何も知らない結衣は、広のことをすべて知り尽くしている麻子の手紙を読んで涙します。

そして、結衣はこれまでの空白の時間を取り戻すべく広と暮らすことを決意し、陽一にも一緒にやり直そうと打ち明けます。

結衣と陽一は、広と3人でもう一度やり直すことを誓うのでした。


スポンサーリンク



『母になる』ドラマ第2話をみた感想

母になるドラマ第2話

出典:母になる公式サイト
http://www.ntv.co.jp/haha/

『母になる』ドラマ第2話では、広の実の母である結衣と、広を3歳から育てた育ての母親である麻子と、2人の母の存在が複雑に絡み合うストーリーでした。

本当に他人事ではないですね。
物騒な世の中になったものです。
『母になる』をみると子供に対する接し方が変わってしまいますね。

道枝駿佑くんは演技の演技

広役の子役・道枝駿佑くんに対する感想がとにかく多いですね。
容姿に対する感想と演技に対する感想。

道枝駿佑くんの色白ですごくキレイな顔立ちをしたかわいい容姿に魅了されるのですが、ドラマ第1話に引き続き、演技がやはり気になってしまいます。
皆さんの感想も同意見が多いようで…

沢尻エリカさんと藤木直人さんが涙を流して熱演しているだけに、ちょっともったいない気はします。

『母になる』ドラマ息子役に関ジャニJr.の道枝駿佑くん

ところが、麻子の手紙の内容が判明以降、道枝駿佑くんの棒演技は、”演技の演技”だったのではないか?という感想が急増!

つまり、
”麻子の指示通りに行動していた広は、結衣に対しす接し方がどうしてもぎこちなくなってしまう”
という演技を演技していたのではないか?ということです。

確かに一理ありますね。
ことの真相は第3話以降の道枝駿佑くんの演技で分かってくることでしょう。

いずれにしても、これから道枝駿佑くんが役者としての活躍していく姿を暖かく見守ってあげましょう。

結衣と陽一はなぜ離婚した?

『母になる』を「なぜ?」と思ってしまうことが多々あるのですが、第2話では「なぜ離婚した?」というところがひっかりますね。

離婚の原因については、ドラマ第2話では明確な理由が語られていなかったようです。

これまでのストーリーでわかることは、次の2点。
”息子の広を誘拐した犯人が、陽一の大学の教え子であったことに責任を感じ、陽一が引きこもってしまったこと”
”陽一の母である里恵が、孫が誘拐されて精神的におかしくなってしまったこと”

円形脱毛症ができるほど精神的に追い込まれていた陽一は、結衣と顔を合わせることも辛いほど、責任を感じていたため離婚の道を選んだのかもしれませんね。

高橋メアリージュン演じる緒野琴音は、陽一の母の会社・柏崎オートの事務員として雇われている人物ですので、彼女が離婚の原因とは直接関係ないでしょう。

第3話で結衣は広に離婚していないとウソをつくようなので、離婚の原因も第3話以降に明らかになってくるのかもしれませんね。

やはり、沢尻エリカさん演じる結衣と小池栄子さん演じる麻子の広を巡る今後の展開がどうなっていくのか?とても気になるますね!

『母になる』ドラマ第3話に期待しましょう!

『母になる』を見逃した場合に見る方法は?

『母になる』を見逃した方やもう一度みたい方は、fulu(フールー)という動画配信サイトで視聴できます。

fuluは、インターネットで動画が観れる環境にあるテレビ、パソコンやタブレット、スマホであれば視聴できます。

月々980円ですが、無料お試し期間があり、2週間無料

2週間の無料お試し期間中に継続するかどうか検討し、解約する場合は一切費用はかかりませんので、安心してお試しいただけます。

『母になる』1話から最新話まで見たいときに、いつでも何度でも観れるのが便利ですよね。

ご興味がある方は、まずはfuluの2週間無料お試しをどうぞ!

『母になる』ドラマ第3話は2017年4月26日(水曜日)22時~(放送局:日テレ)にて放送予定

関連記事:

母になる:ドラマ第1話のあらすじ&感想

母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第3話

-2017年春ドラマ, 母になる
-

執筆者:


  1. […] 母になる:ドラマ第2話ネタバレあらすじ&感想 […]

  2. […] ↓『母になる』ドラマ第2話のあらすじ&感想はコチラ 母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想第2話 […]

  3. […] 母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第2話 […]

  4. […] ↓母になる:ドラマ第2話のあらすじ&感想はコチラ 母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第2話 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日テレ ドラマ『母になる』

日テレ系ドラマ『母になる』主演は沢尻エリカ

日テレは『母になる』を2017年4月からの春ドラマで放送します。 沢尻エリカさんが主演で母親役を初めて演じることで注目されている『母になる』はどんなドラマなのでしょうか? それでは日テレ春ドラマ『母に …

『兄こま』ドラマ

兄こま:ドラマの放送地域は?

『兄こま』ドラマが2017年4月12日(水曜日)深夜25時09分から日テレで放送されます。 兄こまの実写化ということで楽しみにしていましたが、深夜放送ドラマは日本テレビ以外の地方放送がないことがしばし …

母になるドラマ第8話

母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第8話

沢尻エリカさん主演『母になる』(日テレ)ドラマ第8話のあらすじとみた感想をお伝えします。 2017年5月31日放送『母になる』ドラマ第8話で、2年目におきた麻子の事件の真実を広に話すべきか迷う結衣(沢 …

母になるドラマ第9話

母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第9話

沢尻エリカさん主演『母になる』(日テレ)ドラマ第9話のあらすじとみた感想をお伝えします。 2017年6月7日放送『母になる』ドラマ第9話で、広が一緒にいた女子高生とはどういう関係?そのことを知った結衣 …

母になるドラマ第4話

母になる:ドラマあらすじネタバレ&感想ドラマ第4話

沢尻エリカさん主演『母になる』(日テレ)ドラマ第4話のあらすじとみた感想をお伝えします。 2017年5月3日放送『母になる』ドラマ第4話で、麻子を母と慕う広に戸惑う結衣。広との生活はどうなった? それ …